京都での前撮りを楽しむ

和装前撮り

結婚披露宴を予定している人に多く利用されている京都前撮りは、
挙式当日は時間がないところを別の日に行う前撮りによって時間を気にせず
ゆっくりと納得のいく写真を残すのに適しています。


時間に追われない

 

前撮りには、結婚披露宴の当日に着用する衣装を借りることも可能ですが、
チャペルで洋装の挙式を行う人にとっては和装になるチャンスがなく、前撮りによって和装を着用する人もいます。

 

撮影とともに衣装のレンタルやヘアメイクもセットになっているので、結婚披露宴の
当日のヘアメイクの打ち合わせを兼ねて行われることもあります。

前撮りは京都市内のスタジオ内でも行われていますが、屋外で行うロケーション撮影も近年人気があります。


京都市内の景色の良い場所や、二人がお付き合いをしていた時に
よく訪れた思い出の場所など、好きな場所を選択して行われますが、
撮影の許可をあらかじめスタッフに取ってもらったり使用料も
撮影料金に加算してもらえたりと手続きもお任せすることができます。

 

所要時間はどのくらい?前撮りにかかる時間の目安


和装姿で前撮りをしたいと願っている新郎新婦は、幅広い世代で増えてきています。
結婚式の打ち合わせや仕事などが忙しく、時間を合わせることが難しいカップルにとって
計画的に進める前撮りサービスは非常に便利で役立つのです。


和装でのロケーション撮影を行う際の所要時間としては、着替えやヘアメイクなどに
1時間から1時間30分程度はかかります。


撮影自体は1時間前後、着物から洋服に着替えて支払い手続きを行うとさらに30分必要です。


全体で3時間半ほどかかるため、時間に余裕を持って事前に準備をしておくと
よりスムーズに撮影を済ませることにつながります。


そして、着物だけではなくウエディングドレス姿も一緒に前撮りしたい女性は
全体で4時間半前後の所要時間を見積もっておくと安心です。


綺麗な花嫁衣裳に強いこだわりを持っている女性たちにとって、タイムスケジュールを
しっかりと管理しながら撮影を行うことは非常に重要といえます。


後悔することのないように事前の下調べを抜かりなく進めておくことで、満足できる
素晴らしいロケーション撮影を完了することに結びつくのです。


格安の料金で高度なテクニックを駆使した写真に仕上がる前撮りサービスは
絶大な信頼と実績を誇っています。


余裕を持った準備が大事


普段中々着る機会のない綺麗な着物を身に纏い、京都の風情ある景色を見ながら写真撮りを行うことは、一生に一度の良い想い出になるはずです。


そのため、当日スタッフに任せっきりにするだけではなく、着物に関する
知識を仕入れておいたり、自分をより美しく見せてくれる色などを
知っておくことも、前撮りを成功させる要因となるでしょう。

知識を取り入れる

「装飾小物」と「着付け小物」の種類と使用する目的

 

着物を着る際には、装飾小物と着付け小物を上手に利用することが重要となります。基本的に装飾小物は着物を着た際に美しく見せることを意識したものであり、着付け小物は着物を効果的にかつ汚さないように切ることができるものを指しています。
そのためこれらには一見明確な区分があるように思われがちですが、実際にはそれぞれ同じような目的を持っているものも多いため、これらを全て組み合わせて上手に着こなすことが上手に着物を着るための重要なポイントです。
例えば半襟は装飾をするためのものと位置づけられていますが、実際には着物を着るために必要なものであり、着物を汚さないように襟の部分に着用するものとなっています。

 

しかしその反面着物の襟下から美しいうなじを見せるための非常に重要なものとなっており、美しく着物を着るためにも必要不可欠なものとなっているのが実態です。
また帯締めは帯をしっかりと止める役割を果たす重要なものですね、実際には帯の色に合わせて様々なものが用意されており、そのコーディネートを楽しむことができ、すっきりと帯の良さを引き立てるものとなっているのが特徴です。 着物を着るためには全体のバランスを十分に意識して着ることが必要です。

 

非常に必要なパーツの点数が多いため、その順番を十分に意識するとともにそれぞれのコーディネートをしっかりと行うことが美しく見せるための秘訣となります。
着付けをするために必ず必要なもののほか、あったら便利ではあるがなくてもそれほど実際には困らないと言うものもあるため、自分自身の好みや出かける場所に合わせて選ぶことが必要となります。

写真などを撮影する際には小物類を全て揃えることが非常に美しく見えるコツですが、逆に様々なものを増やしたり減らしたりすることで、一般的なものとの違いをアピールすることができ変化をもたらすことも可能です。
様々な記念の日などは着物を効率的に利用することで思い出に残る写真を撮影することができるため、小物類を上手に利用することが重要なポイントとなっています。

 

着物の小物類は様々な目的があり、またその使い方によって着こなしをさらに引き立てる要素が強いものです。
様々な種類がありますが、最終的にはどれも綺麗に着こなすための装飾的な要素を持ち合わせており、加えて着物姿を美しく維持するために必要不可欠な要素を持っているのがポイントです。

 

それぞれの意味を十分に理解して利用することが非常に効果的なものとなっているのです。

 

PAGETOP